カリタスジャパンロゴ
ホーム はじめに サイトポリシー
プライバシーポリシー サイトマップ リンク
カリタスジャパン公式サイト
ホーム
ホットニュース
お知らせ
カリタスジャパンとは
カリタスジャパンの概要
募金について
援助活動
啓発活動
福祉活動ネットワーク
国際カリタスとは
四旬節キャンペーン
カリタスジャパンニュース
フォトギャラリー
発行物案内
募金活動の方法
ひとくちメモ
お問い合わせ
キリスト教・カトリックに関するご質問はこちらへ カトリック中央協議会
カリタスジャパンニュース
連算発行番号 Caritas Japan News No.285



ハイチ地震・チリ地震・中国青海地震 近況報告\b0

チリ地震被災者への募金受付は、6月30日をもって終了させていただきました。
皆様のあたたかいご支援ありがとうございました。

ハイチ地震、中国青海地震への募金は引き続き受付けています。


ハイチ地震
カリタスは引き続き、新設キャンプの準備を進めています。実際の建設作業に入る前に、ハイチ政府ならびに選ばれて組織された住民委員会と協力して、開設後のキャンプ運営に関しても調整を行っています。キャンプ地に設けられた子どものためのフリースペースでは、子どもたちの心理ケアや学習サポートを行っています。家庭と学校への食糧および物資支援も継続して行われています。レオガンとデルマスでは心理ワークショップが開催され、受益者、コミュニティワーカー、保健師、伝統医学療法士、地域の宗教者の代表、自治体の代表など様々な人々が参加しました。調査により、いまだ多くの人(被災者の65%〜95%)が震災によるストレスを抱えていますが、反面、カウンセラーなどの人材は不足している現実が浮かび上がりました。生計手段の回復や、学校再開への支援も進められています。

チリ地震
カリタスチリは教区カリタスとの連携の下、数回の現地視察を行い、改めて今回の地震の被害の甚大さとニーズの大きさを認識しています。とはいえ、カリタスチリの支援(食糧と日用品)は、教会のネットワークにより隅々の村にまで行き届いています。今後は、公的機関、民間、市民社会も支援に入っていない、最も脆弱なコミュニティを対象に、住宅再建(建物の修復、再建への公的補助の情報提供)、家計の回復(生計活動に必要な道具などの提供、小規模起業のサポート、公的機関とつながるためのコミュニティ組織の形成)、包括的な復興プロジェクト(心理サポート、支援ネットワーク強化、人々の役割調整、関係する政策に影響を与えられるような人々の能力強化)を通したコミュニティ開発を中心として支援を行います。また、今年の冬には、被災者が冬を越すための緊急人道援助も実施する予定です。

中国青海地震
カリタス香港は、Jiegu鎮のDiege村、Baotong村、Jiajiniang地区、ならびにLongbao鎮での物資支援(毛布、上着、粉ミルク、医薬品)や、現地パートナーである西安カトリック社会奉仕センターが実施するプロジェクトへの支援を行いました。また、青海省玉樹の震源地から22kmに位置する、四川省甘孜チベット族自治州 Shi Qu郡での被災者救援にも携わっています。4月の終わりに現地パートナー万州カトリック社会奉仕センター(四川省)が現地を視察しましたが、それが震災後初めてのNGOによる訪問だったといいます。一般には青海省だけが注目されていますが、死者こそ出なかったものの、甘孜でもこの震災で2つの小学校と1つの病院が損壊する被害を受けました。上級生は街の学校へ移りましたが、下級生は寒い中テントの仮校舎で勉強しています。カリタス香港は、こういった子どもたちのための小学校再建支援を計画しています。

 

目次ページに戻るページトップへ戻る

(宗)カトリック中央協議会 カリタスジャパン
〒135-8585 東京都江東区潮見2-10-10 日本カトリック会館 tel(03)5632-4464
info@caritasu.jp(日本語)secretariat@caritas.jp(English)
Copyright (c)Caritas Japan,All Right Reserved
郵便振替番号 00170-5-95979