カリタスジャパンロゴ
ホーム はじめに サイトポリシー
プライバシーポリシー サイトマップ リンク
カリタスジャパン公式サイト
ホーム
ホットニュース
お知らせ
カリタスジャパンとは
カリタスジャパンの概要
募金について
援助活動
啓発活動
福祉活動ネットワーク
国際カリタスとは
四旬節キャンペーン
カリタスジャパンニュース
フォトギャラリー
発行物案内
募金活動の方法
ひとくちメモ
お問い合わせ
キリスト教・カトリックに関するご質問はこちらへ カトリック中央協議会
カリタスジャパンニュース
連算発行番号 Caritas Japan News No.260


活動日誌  


 2007年6月3日、カリタスジャパンのための街頭募金が、新潟教区信徒使徒職協議会主催で、教区内の信徒、新潟ボーイスカウト第4団、新潟清心女子中・高校の清心JRCクラブの教師と生徒を含む約30名で行われました。
 新潟市の中心街に立って、みんな大きな声で呼びかけて頑張りました。



○8月3(金)〜5(日) 第14回AIDS文化フォーラム in 横浜  かながわ県民センター
詳細:http//www.yokohamaymca.org/AIDS/   
8月4日(土)10:00〜12:00幸田和生司教、古川潤哉僧侶(浄土真宗本願寺派)講演
テーマ:−今一度、宗教の原点からエイズを考えませんか?−

○9月24日(月)9:00〜11:45 第33回カトリック正義と平和全国集会・広島大会
世界平和祈念聖堂/エリザベト音大他会場  
分科会「HIV/AIDS感染拡大から見えてきたもの」発題者:上村茂仁(医師)(予定)
詳細:http://www.jade.dti.ne.jp/%7Ejpj/taikai/Jptaikai33-index.html

○10月7日(日)社会福祉セミナー「家庭と暴力−虐待はどこから?」 カトリック相浦教会(長崎)

○10月13日(土)社会福祉セミナー「ドメスティック・バイオレンスについて」 〃 藤沢教会(横浜)







ティータイム
第18回目の今国際カリタス総会のテーマは、“Witnesses of Charity, Builders of Peace”、訳すと、「神の愛の証人、平和の構築者」と言ったところだろうか。総会が始まり、バチカン教皇庁の方によるテーマの解釈説明等、テーマの説明が3人によってなされたが、最も私の心に響いた説明は、ノーベル平和賞を受賞したマータイさんによるものであった。彼女の説明を解釈すると(多少拡大解釈かもしれないが)「神の愛の証人であった弟子達が、弱くて貧しい人々、物乞いで飢えをしのぐ人々に対して、お金や物を与えることはせず、人々に近づき、語りかけ、心を通わせる中で聖霊が働いた結果、貧しい人はそれまでの物乞いの生活と決別する決心をしたのです。彼らは「立って歩きなさい」という弟子の言葉に促され、自らの力で歩き出したのです。カリタスは神の愛の証人として、このような支援を行ってください。」この説明は、開発支援は自助努力型であるべきである、ということ以上のことを言っている。
弟子の、その場で物乞いをしなければならない人への理解と頑固なまでの現場主義は、私たち開発支援に携わる人間が学ばなければならない姿勢なのであり、私たちの意識改革無しには、自助努力につながる受益者の意識改革は起こりえないであろう。G8のリーダー達に向けて発せられたカリタスのメッセージ、“Make Aid Work”はまさに、援助する側への意識改革を促したメッセージなのである。(事務局S.I.)


活動日誌  

2007年5月25日(金) 第1回 援助活動推進部会

報告事項:2006年度援助実績報告 2006年度に決定した海外(一般/緊急)・国内援助総額、及び国別援助総額などが報告された。
審議事項:(1)海外視察予定 アフリカ諸国(ケニア、ルワンダ、ウガンダ)、インドネシアへ視察の予定。(2)2007年度活動方針について (3)国内援助ガイドラインについて意見交換。(4)援助案件審査承認@一般援助審査 計11件(国内4/海外7)が審査され、8件(国内4/海外4)への支援が承認された。A国際カリタス特別支援要請(SOA)5件への支援を決定した。


2007年6月21日(木) 第2回 国際デスク
報告事項:(1)国際カリタス総会(バチカン、6/3−9、菊地司教、成井師、稲江参加)(2)能登半島地震被災地視察(6/4−5、田所事務長)
審議事項:(1)カリタスアジア災害時メディア対応研修(タイ、8/28−30)参加を、援助部会へ付託。(2)海外視察予定−ルワンダ/ウガンダ(8月下旬)、インドネシア(10月)、モンゴル(10月)、インド・ドナー会議(10月) 以上、援助部会へ付託。(3)新援助部会委員対象ワークショップ(9月開催)について (4)援助審査@海外一般 計15件が審査され、4件が次回援助部会へ付託、11件が却下となった。A国際カリタス特別支援要請(SOA) レバノン「ナハル・アルバレドキャンプにおけるパレスチナ人緊急支援」20,000USドル の支援を決定した。




(宗)カトリック中央協議会 カリタスジャパン
〒135-8585 東京都江東区潮見2-10-10 日本カトリック会館 tel(03)5632-4464
info@caritasu.jp(日本語)secretariat@caritas.jp(English)
Copyright (c)Caritas Japan,All Right Reserved
郵便振替番号 00170-5-95979