カリタスジャパンロゴ
ホーム はじめに サイトポリシー
プライバシーポリシー サイトマップ リンク
カリタスジャパン公式サイト
ホーム
ホットニュース
お知らせ
カリタスジャパンとは
カリタスジャパンの概要
募金について
援助活動
啓発活動
福祉活動ネットワーク
国際カリタスとは
四旬節キャンペーン
カリタスジャパンニュース
フォトギャラリー
発行物案内
募金活動の方法
ひとくちメモ
お問い合わせ
キリスト教・カトリックに関するご質問はこちらへ カトリック中央協議会
カリタスジャパンニュース
連算発行番号 Caritas Japan News No.263


活動日誌  




北国新聞社総務局 松田部長(左)
 3月25日に発生した、能登半島地震の被災者救援のために皆様からお寄せ頂いた募金を、このたびすべて被災された自治体にお届けしましたのでご報告申し上げます。

 地震発生直後の4月、名古屋教区カリタスジャパン教区担当者と連携して、110万円を第一弾として医薬品支援に活用しました。そしてこの度、ちょうど震災から半年になる9月25日、カトリック金沢教会主任司祭チプリアノ神父に同行いただき、金沢市にある北国新聞社能登半島義援金窓口を訪問し、募金のすべて1070万円をお届けしました。
この義援金は石川県に送金され、県の復興への取組の中で活用されます。

 募金をお寄せいただいた方々に、心から感謝申し上げます。また、未だ困難に直面されている被災者の方々のことを忘れず、祈りで支えてくださるようお願い申し上げます。







ウゴ・パルマ大使(左)と田所事務局長
 9月3日在日ペルー大使館のウゴ・パルマ大使が、8月16日に発生したペルー地震に関する援助要請でカリタスジャパン事務局を訪問されました。大使は、「ペルー大使館でも援助活動を開始しましたが、カリタスの組織は国際的に大きな援助団体だと聞いています。カリタスジャパンもペルー地震の復興に向けて支援をお願いします」と話されました。カリタスジャパンからは、大規模災害時の取り組みとして、バチカンにある国際カリタス本部が中心となり、全世界の加盟国カリタスが連帯して支援を行なう仕組みについて説明しました。
 今回のペルー地震に関しては、地震直後に国際カリタス本部から緊急支援要請が出され、カリタスジャパンは寄せられた募金の中から、第一弾の支援として9月10日30,000USドル(約340万円)を国際カリタスに送金しました。




HIV/AIDSロゴ入りエコバッグのお申し込みをいただき、ありがとうございます。ご好評いただいています!

イメージ
HIV/AIDSロゴ入り
1個500円(募金込み)
申込み多数につき、発送が大変遅れましたことを、紙上をもちましてお詫び申し上げます。
なお、ロゴマークの赤色が洗濯・摩擦により若干色あせします。
色移りする恐れがありますので、他のものと分けて洗って下さい。
お申込みは info@caritas.jp またはFAX:03−5632−4464 まで
製品とともに郵便振替用紙を同封します。郵便局からご入金ください。
*12月1日は「世界エイズデー」です。 ロゴ入りエコバッグを持ってエイズ啓発に参加しよう






カリタスジャパンでは、クリスマス募金の受付けを開始しました。
カリタスジャパン専用払込取扱票の「クリスマス募金」の項目に「」を付けてご送金ください。
払込取扱票はカリタスジャパン事務局までご請求下さい。
お送りいただいた募金は、海外及び日本国内の必要としている援助に活用させていただきます。
四旬節で使用している組み立て式ぬり絵募金箱(無料)をクリスマス募金でもご利用いただけます。事務局にお申しこみください。




活動日誌  

2007年8月31日(金) 第3回 国際デスク会議

報告事項:(1)カリタスアジア災害時メディア対応研修(2)東アフリカ視察(ケニア、ルワンダ、ウガンダ)(3)新潟中越沖地震、ペルー地震経過報告
審議事項:(1)海外視察予定@インドネシア・東ティモール(12月)Aバングラデシュ(2)援助審査@海外一般 計17件が審査され、1件が次回援助部会へ付託。A国際カリタス緊急支援要請(EA) 4件へ支援を決定した。


2007年9月5日(水) 第3回 HIV/AIDSデスク

報告事項:(1)学校や教会学校で使えるオリジナル教材や、参考文献などの紹介資料作成を今後検討する。(2)カリタス・レッドリボン・ロゴ製品化としてエコバッグを作成中。(3)「AIDS文化フォーラムin横浜」の報告(4)ウガンダでのAIDS関連NGOによるトークとコンサートの案内。カリタスジャパン後援。
審議事項:(1)HIV/AIDSデスクのこれまでの取り組みと今後の計画の確認と進め方について@「正義と平和」全国集会広島大会分科会開催の広報A「アジア性教育学術会議」の参加報告


2007年9月13日(木) 第3回 援助活動推進部会

審議事項:(1)海外視察予定@インドネシア・東ティモール(12月で調整中)Aモンゴル(10月で調整中)(2)援助審査 計7件(国内2/海外5)が審査され、全件への支援が承認された。


2007年9月14日(金) 第3回 カリタスジャパン委員会

報告事項:(1)ウガンダ、ルワンダ視察報告〜カリタスジャパンは同地をアフリカでの重点地区とし、収入創出支援、有機農法指導、家庭菜園指導、エイズ孤児シェルター等を支援している。(2)21世紀キリスト教社会福祉実践会議実行委員会 (3)年次報告書作成
審議事項:(1)募金活動について@クリスマス募金について、広告(雑誌、新聞)、払込用紙付きチラシ作成、払込用紙に「クリスマス募金」項目の記載等を行う。A募金箱作成について〜募金箱設置規約を作成中。(2)全国教区担当者会議(11月6,7日)


2007年9月14日(金) 第3回 社会福祉活動推進部会

報告事項:(1)21世紀キリスト教社会福祉実践会議名古屋大会実行委員会
審議事項:(1)日本の福祉の現状とカトリック教会の福祉のあり方について意見交換を行った。(2)カリタスジャパンニュース福祉のページ執筆担当を決定した。


2007年10月10日(水) 第4回 国際デスク会議

審議事項:(1)視察予定 @スーダン11月13〜21日に変更。2名の参加を承認。Aインドネシア・東ティモール インドネシアは08年3月頃、東ティモールは12月初旬に視察を実施したい旨援助部会へ付託。Bバングラデシュ 08年2月8〜16日で調整、教区担当者から参加者を募集する。(2)援助審査@海外一般 計12件が審査され、2件が次回援助部会へ付託。A国際カリタス緊急支援要請(EA) 7件へ支援を決定した。




(宗)カトリック中央協議会 カリタスジャパン
〒135-8585 東京都江東区潮見2-10-10 日本カトリック会館 tel(03)5632-4464
info@caritasu.jp(日本語)secretariat@caritas.jp(English)
Copyright (c)Caritas Japan,All Right Reserved
郵便振替番号 00170-5-95979