カリタスジャパンロゴ
ホーム はじめに サイトポリシー
プライバシーポリシー サイトマップ リンク
カリタスジャパン公式サイト
ホーム
ホットニュース
お知らせ
カリタスジャパンとは
カリタスジャパンの概要
募金について
援助活動
啓発活動
福祉活動ネットワーク
国際カリタスとは
四旬節キャンペーン
カリタスジャパンニュース
フォトギャラリー
発行物案内
募金活動の方法
ひとくちメモ
お問い合わせ
キリスト教・カトリックに関するご質問はこちらへ カトリック中央協議会
カリタスジャパンニュース
連算発行番号 Caritas Japan News No.265


カリタスジャパン援助金交付先一覧
(2007年11月16日〜2008年1月15日)

国際カリタス/緊急支援要請(SOA/ER)
(援助金は国際カリタスを通して、現地のカリタス救援本部に届けられます)

1.ブルガリア:洪水緊急支援 (EA29/2007 CJ: 042-07)

援助団体:カリタスブルガリア(Caritas Bulgaria)
¥1,140,020 
2007年8月、同国北東部ドナウ川沿いの都市ツァールカロヤンで大規模な洪水が発生、家畜や農作物、家屋が大きな損害を受け、人口4,000人のうち実に3,000人が被災したといいます。これらの人々に食糧、衛生セット、毛布、シーツの緊急物資、家屋再建のための材料支援を行います。

2.ジンバブエ:食糧緊急支援(EA30/2007 CJ: 043-07)
援助団体:カリタスジンバブエ(CADEV)
¥2,205,000 
ジンバブエは2006年から2007年の農期に充分な降雨がなかったことから深刻な食糧難に直面しています。これに加えて経済危機による政府機能麻痺のため・国民は充分な基礎サービスが受けらない、高い失業率、蔓延するHIV/AIDSなど同国の抱える問題は複雑多岐に渡ります。カリタスジンバブエは特に困窮している21,500世帯へ緊急食糧支援、同時に将来的な食糧危機対策として農業支援、給水設備の拡充を行います。

3.メキシコ:洪水緊急支援(EA31/2007 CJ: 044-07)
援助団体:カリタスメキシコ(Caritas Mexicana)
¥3,307,500 
2007年11月大規模な洪水に見舞われた同国タバスコ州、チアパス州では計100万人が被災、街中が水浸しになり、農作物は壊滅状態、社会インフラも深刻な打撃を受けました。26,000人が近くの教会へ、22,600人が教会の提供するシェルターへ避難し、教会とカリタスメキシコは初期段階でこれらの人々に対して食糧や衛生用品、水、医療などの緊急支援を行いました。その後は彼らが元の生活に復帰するためのサポートを続けます。

4.モーリタニア:洪水緊急支援(EA32/2007 CJ: 045-07)
援助団体:カリタスモーリタニア(Caritas Mauritania)
¥1,140,020 
アフリカ北西部に位置するモーリタニアは国土の95%を砂漠が占め、干ばつに起因する自然災害を受けやすい国ですが、2007年8月突然の大雨に見舞われ、氾濫した川岸地域を中心に約3万人が影響を受け、6,000〜7,000人が家を失いました。これらの被災者に住まいと安全な飲料水を提供すると共に、農業生産活動を再開できるよう支援を行います。

5.コンゴ民主共和国:キブ州避難民に対する緊急人道支援(EA33/2007 CJ: 046-07)
援助団体:カリタスコンゴ(Caritas Développement Congo)
¥1,102,500 
同国東部のキブ州において、周辺国も絡んだ政府対反政府勢力の内戦が2007年8月より激化、住民が襲われ女性がレイプ被害に遭うなどの治安崩壊により、40万人以上が避難民となっています(カリタスコンゴ/2007年11月)。水・衛生、栄養、日用品、保健医療分野での緊急の人道援助が必要とされており、カリタスコンゴは他の国際援助機関と共に、ルチュル、マシシ、ゴマの避難民19,650人に対して食糧および日用品の支援を行います。

6.パラグアイ:山火事復興支援(EA34/2007 CJ: 047-07)
援助団体:カリタスパラグアイ(Caritas Paraguay)
¥ 1,102,500 
約5 ヶ月間にわたり降雨のない乾燥状態の中、焼き畑が原因で大規模な山火事が発生し、同国の国土の30%に当たる約12万の森林を消失しました。4万世帯20万人にのぼる被災者は家や農地、固有種の作物、家畜を失い、生存手段を失っています。カリタスパラグアイは緊急支援として4,000世帯へ食糧支援を行います。

7.ネパール:ブータン難民教育支援(EA35/2007 CJ: 048-07)
援助団体:カリタスネパール(Caritas Nepal)
¥2,205,000 
ネパールの隣国ブータンは1989年国家統合政策(同化政策)を採り、これにより同国ネパール系住民に対する民族浄化が激化しました。これを逃れて1991年以降10万人以上のネパール系ブータン人がネパール国内のUNCHRの運営する難民キャンプで暮らしています。自己防衛手段としての教育を難民の子どもたちが充分に享受できるよう、カリタスジャパンはこのプログラムをサポートします。

8.スーダン:ダルフール緊急支援2008(EA36/2007 CJ: 050-07)
援助団体:ACT (Action by Churches Together/キリスト教国際援助団体)&国際カリタス

¥9,146,400
スーダン西部ダルフールでは2003年以来、政府軍に支援されたアラブ系武装民兵によるアフリカ系住民の大虐殺により、死者20万人以上、220万人以上の避難民を出しています。政府および関係武装グループの和平対話も思うように進まず、治安も悪化する中、ACTと国際カリタスは避難民キャンプにおいて水・衛生、保健・栄養、緊急対応、保護、心理ケア・平和構築、教育の6分野で支援を継続していきます。

9.バングラデシュ: サイクロン「シドル」被災者支援(EA37/2007 CJ: 051-07)
援助団体:カリタスバングラデシュ(Caritas Bangladesh)
¥9,146,400 
2007 年11 月15 日にバングラデシュ沿岸部を襲ったサイクロン「シドル」は11 月24 日現在で死者3,166 人を出す大惨事となりました。このプログラムでは、まず緊急支援として食糧、日用品の物資配給を行い、その後、生計手段を失った農夫、農場労働者、漁師のために、災害の事後処理に従事する雇用機会を提供すると共に、農業、漁業活動再開に必要なサポートを行います。その後の復興段階では、さらに長期間にわたってコミュニティレベルでの家屋や社会インフラ再建に携わることができる雇用機会を提供します。
     

(宗)カトリック中央協議会 カリタスジャパン
〒135-8585 東京都江東区潮見2-10-10 日本カトリック会館 tel(03)5632-4464
info@caritasu.jp(日本語)secretariat@caritas.jp(English)
Copyright (c)Caritas Japan,All Right Reserved
郵便振替番号 00170-5-95979