カリタスジャパンロゴ
ホーム はじめに サイトポリシー
プライバシーポリシー サイトマップ リンク
カリタスジャパン公式サイト
ホーム
ホットニュース
お知らせ
カリタスジャパンとは
カリタスジャパンの概要
募金について
援助活動
啓発活動
福祉活動ネットワーク
国際カリタスとは
四旬節キャンペーン
カリタスジャパンニュース
フォトギャラリー
発行物案内
募金活動の方法
ひとくちメモ
お問い合わせ
キリスト教・カトリックに関するご質問はこちらへ カトリック中央協議会
カリタスジャパンニュース
連算発行番号 Caritas Japan News No.272


カリタスジャパン援助金交付先一覧
(2008年8月16日〜2008年9月15日)

国際カリタス/緊急支援要請(SOA/ER)
(援助金は国際カリタスを通して、現地のカリタス救援本部に届けられます)

1.スーダン:国内避難民・帰還民・受け入れコミュニティ支援(EA22/2008 CJ:023-08)

援助団体:カリタススーダン(Sudan Aid)
¥3,273,600 
2005年1月に締結された南北包括和平合意(CPA)は20数年にわたる南北スーダン内戦を集結させました。が、その後も石油産出地である南北境界地域の帰属を巡って政治的に不安定な状況は続き、2007年末には南スーダンの主力勢力であるSPLA/M(スーダン人民解放軍/運動)と北部の遊牧民ミッセリア戦闘員との武力衝突に至ります。2008年1月の和平協定によりミッセリアは撤退しましたが、5月には南スーダン警察部隊と南スーダン非正規軍(SSMF)が戦闘を開始、SSMFがスーダン国軍(SAF)の支援を受けてSPLA/Mを攻撃し、多くの住民が巻き込まれました。これに対し南スーダン政府は自軍を配備して警察部隊を援護し、スーダン国軍との本格的な戦闘に突入、これによりおよそ6万人が避難民となりました。避難民6900世帯に対して心理ケア、ビニールシートや毛布・蚊帳・日用品などのセット、生活のための農業関連用具・種苗などの配布、医療・医薬品の提供、安全な水確保のための井戸設置を行います。

2.ウクライナ:洪水災害緊急支援(EA23/2008 CJ:024-08)
援助団体:カリタスウクライナ(Caritas Ukraine)
¥1,628,600 
今年7月23〜26日にかけて集中豪雨がウクライナ西部を襲い、河川の氾濫などから周辺地域4万戸以上、広大な農地、道路などが深刻な被害を受けました。カリタスウクライナは災害後直ちに関係教区と連絡を取り、ボランティアと共に緊急支援活動を開始しました。被災した2千世帯に食糧パッケージ、寝具のセット、衛生用品、必要な医薬品類が提供されます。

3.ミャンマー:サイクロンナルギス緊急支援・第2弾(EA12/2008 CJ:025-08)
援助団体:ミャンマー司教協議会(Catholic Bishops' Conference of Myanmar)
¥10,000,000 
当初より2カ月延長され、10月まで続く緊急プログラムへの追加支援を決定しました。【緊急支援中間報告はこちら参照






1.ウガンダ:持続的農業プログラム(CJ:017-08)

援助団体:カリタスウガンダ(Caritas Uganda)
¥4,923,354 

カリタスジャパンはウガンダの南部3教区(ムバララ、カバレ、フォート・ポータル)において農業プログラムを支援しています。対象地区住民がコミュニティごとにグループを作り、農業の知識と技術を身に付け、農産物の収量を上げることによる収入増加、および総合的な生活環境の改善を行い、暮らしの質向上を目指しています。多くは主食であるバナナの増産、家庭菜園を導入した栄養改善、改良かまどの設置やトイレの改善などを実施しています。また組織として活動することで、互いに学びあうだけでなく、小規模融資などの有効なプログラムも実施できるようになります。

2.インド:コミュニティ動員防災・災害対策プログラム(CJ:018-08)

援助団体:カリタスインド(Caritas India)
¥2,466,750 

コミュニティに根ざした防災、災害対策のしくみ作りを目指したプログラムです。2004年12月のスマトラ沖地震で被災したタミルナドゥ、ケララ、アンドラプラデシュ、アンダマン諸島の4州において実施されます。実際に災害が起きた時に被害を最小限に食い止めることができるよう、トレーニングやセミナー、組織間のネットワーク構築などを通じて、住民組織さらにはコミュニティ全体の能力強化を図ります。

3.インドネシア:ジャワ島地震復興コミュニティ支援(CJ:019-08)

援助団体:アロシタファンデーション(Alocita Foundation)
¥5,501,250 

インドネシアのジョグジャカルタ地区は2006年5月の地震による打撃が大きかった地域の一つです。1年前にカリタスジャパンは、被災者の中でも最貧困層の災害家族の家を建て直すための緊急支援を実施しましたが、今回は同地域の経済的復興を目的に支援を行います。援助金は、伝統文化交流を通したコミュニティ開発の一環としての地域文化センター補修と民族舞踊公演、女性グループに対する生計支援に充てられます。この支援を通して、家を建て直した際に地域住民が労力を提供し合うことで強まった住民の結束を、地域開発へ結びつけることが期待されます。

4.パキスタン:災害管理能力向上支援(CJ:020-08)

援助団体:カリタスパキスタン(Caritas Pakistan)
¥8,402,000 

パキスタンは数多くの地震や洪水等の自然災害に見舞われ、その度に大勢の人々が被災しています。カリタスジャパンは、災害時の被害規模を最小限に押さえるために、カリタスパキスタンの災害対応能力の向上を支援します。支援金の使途は、災害対応チームの結成、チームと地域ボランティア間災害時ネットワーク作り、被害・支援ニーズ調査トレーニング、地域向け災害予防意識付けセミナーの実施等です。

5.イラク:母子保健支援(CJ:021-08)

援助団体:カリタスイラク(Caritas Iraq)  
¥5,426,500 

長期にわたる紛争とそれによる貧困の結果、最も社会的身体的に弱い立場にある子ども(特に乳幼児)の生命が危険にさらされています。当該プロジェクトは、栄養失調の子供達と妊婦、授乳期の母親に、高たんぱく質の食物を供給することを目的に実施されます。さらに、母親に、子どもの成長に必要な栄養に関する知識を供与すると共に、子どもたちに衛生的な習慣を身につけさせるセミナーを開催することで、プロジェクト受益者のエンパワーメントを支援します。

     

(宗)カトリック中央協議会 カリタスジャパン
〒135-8585 東京都江東区潮見2-10-10 日本カトリック会館 tel(03)5632-4464
info@caritasu.jp(日本語)secretariat@caritas.jp(English)
Copyright (c)Caritas Japan,All Right Reserved
郵便振替番号 00170-5-95979