カリタスジャパンロゴ
ホーム はじめに サイトポリシー
プライバシーポリシー サイトマップ リンク
カリタスジャパン公式サイト
ホーム
ホットニュース
お知らせ
カリタスジャパンとは
カリタスジャパンの概要
募金について
援助活動
啓発活動
福祉活動ネットワーク
国際カリタスとは
四旬節キャンペーン
カリタスジャパンニュース
フォトギャラリー
発行物案内
募金活動の方法
ひとくちメモ
お問い合わせ
キリスト教・カトリックに関するご質問はこちらへ カトリック中央協議会
カリタスジャパンニュース
連算発行番号 Caritas Japan News No.273


カリタスジャパン援助金交付先一覧
(2008年9月16日〜2008年10月15日)

国際カリタス/緊急支援要請(SOA/ER)
(援助金は国際カリタスを通して、現地のカリタス救援本部に届けられます)

1.セネガル:食糧危機緊急支援(EA24/2008 CJ: 026-08)

援助団体:カリタスセネガル(Caritas Senegal)
¥1,550,400 
2007年の干ばつは、農村部では穀物の不作による農民の収入不足、都市部でも食糧不足による物価高騰で、もともと貧しい暮らしを強いられていた人々の間で栄養不良が蔓延するなど、天災、人災の両方の様相を呈しました。カリタスはこれにより影響を受けた44,200人へ食糧(米)や種子を提供します。

2.グルジア:南オセチア紛争による難民緊急支援(EA31/2008 CJ: 027-08)
援助団体:カリタスグルジア(Caritas Georgia)
¥3,100,800 
今年8月、グルジア北部に位置するオセット人居住地、南オセチア自治州にグルジア軍が侵攻し、南オセチア紛争が始まりました。その後ロシア軍が自国民の保護を理由に同州に侵攻、グルジア軍と戦闘を開始したことにより、UNHCRによると計15万8千人が避難民となりました(国境を越えた北オセチア州へ3万人、南オセチア州内1万2千人を含む12万8千人はグルジア国内での国内避難民)。彼らの家は破壊され、持ち物は略奪にあっているためすぐに帰還することができません。カリタスグルジアはトビリシ、ゴリ、ムツヘタ、クタイシの避難民に対して食事、衛生用品の提供を行います。

3.ルーマニア:洪水災害緊急支援(EA27/2008 CJ: 028-08)
援助団体:カリタスルーマニア(Caritas Romania)
¥1,085,280 
7月25日に始まった洪水は同国北東部の150の村に被害を与え、1600戸の家屋が全壊、1万6千人が避難しました。カリタスルーマニアは、災害の初日から食糧や水、物資配給などの救援活動を行いました。今後は7カ月の中期的復興プロジェクト(心理ケアと小規模農業支援)を実施します。

4.インド:洪水災害緊急支援(EA28/2008 CJ: 029-08)
援助団体:カリタスインド(Caritas India)
¥3,210,300 
インドでは8月18日モンスーンによる大雨で、上流のダムが決壊し氾濫したコシ川が流れを変え、普段は洪水被害を受けることはないと考えられていたビハール州に大惨事をもたらしました。250万人以上が避難し、500人が死亡、25万ヘクタールの農地が損害を受けたと伝えられています。カリタスインドは被災した5万4千世帯27万人へ食糧、シェルター建材、生活必需品などの物資と共に、基本的医療・衛生向上サービスの提供を行います。

5.ネパール:洪水災害緊急支援(EA29/2008 CJ: 030-08)
援助団体:カリタスネパール(Caritas Nepal)  
¥1,070,100 
8月18日ネパールでは同国最大のサプタコシ川で2つのダムが決壊し、スンサリ郡の少なくとも7つの行政地区の8〜10万人が家を失いました。これらの人々は今後3カ月の間は避難所(キャンプ)での生活を強いられることになるため、カリタスネパールは緊急支援として日用品、蚊帳、安全のためのライトと電池、調理用コンロと燃料(薪・練炭)の提供、仮設のトイレ、手押しポンプの設置を行います。

6.ハイチ:ハリケーングスタフ・ハンナ災害緊急支援(EA30/2008 CJ: 031-08)
援助団体:カリタスハイチ(Caritas Haiti)
¥2,325,600 
ハイチは今夏連続的にフェイ、グスタフ、ハンナ、アイクの4つの熱帯暴風雨およびハリケーンに見舞われ、国の全土(10県のうち9県)にわたって深刻な被害を受けました。9月中旬の内務省市民保護局の発表によると、被災者は17万世帯85万人、非公式の推定で死者は600人と言われています。カリタスハイチは最初の3カ月、最も被害のひどかった6教区の貧困家庭4千世帯へ食糧、水、日用品の緊急物資支援を行い、その後9カ月間の復興段階では、500世帯へ住宅やトイレ再建のための材料と技術サポート、また2千世帯へ生計手段回復支援(小規模農業)を行います。




1.インド:年間一括援助(CJ: 022-08)

援助団体:カリタスインド(Caritas India)
¥8,437,664 

カリタスジャパンはカリタスインドに対して年間一括援助(ブロック・グラント)を行っています。この資金はカリタスインドによって選ばれた一般の開発プロジェクトと短期の小規模プロジェクトに配分され、各プロジェクトのフォローアップ、モニタリングもカリタスインドが行っています。開発プロジェクトはダリットと呼ばれるアウトカーストなど社会的に最も弱い立場にいる人々(主に女性)のエンパワーメント(=力づけ)が中心で、自助グループ組織を通した権利や尊厳、社会参加などについての意識付けセミナー、識字、基礎医療についてのトレーニング、グループ貯蓄や小規模融資、収入創出活動などが行われています。

2.中国:四川大地震復興支援(CJ: 033-08)

援助団体:カリタス香港(Caritas Hong Kong)
¥4,053,304 

この地震によって全壊した四川省綿陽市安県秀水町橋樓村の診療所再建を支援します。患者のニーズに応えるため、基本的な医療器具を備えた新しい診療所(薬剤部、待合室、診察室、処置室、相談室、トイレ、回復室を含む)を建設します。

3.インドネシア:人権擁護運動支援(CJ: 037-08)

援助団体:パドマインドネシア(PADMA Indonesia)
¥3,155,400 

資源が豊かなインドネシアでは、採掘業者によって不当に立ち退かされた住民が訴える術も無
く、泣き寝入りするケースが後を立ちません。このような企業と村人間の抗争で、村人が命を
落とすケースも数多く報告されています。こうしたことを背景に、当該プロジェクトは、地域
の人々に対するトレーニングを通して、人権が侵害された際の調査方法、権利回復のための交
渉方法、訴訟の起こし方等を啓発することを目的に実施されます。

     

(宗)カトリック中央協議会 カリタスジャパン
〒135-8585 東京都江東区潮見2-10-10 日本カトリック会館 tel(03)5632-4464
info@caritasu.jp(日本語)secretariat@caritas.jp(English)
Copyright (c)Caritas Japan,All Right Reserved
郵便振替番号 00170-5-95979