カリタスジャパンロゴ
ホーム はじめに サイトポリシー
プライバシーポリシー サイトマップ リンク
カリタスジャパン公式サイト
ホーム
ホットニュース
カリタスジャパンとは
カリタスジャパンの概要
募金について
援助活動
福祉活動ネットワーク
エイズ啓発活動
国際カリタスとは
四旬節キャンペーン
カリタスジャパンニュース
フォトギャラリー
発行物案内
募金活動の方法
ひとくちメモ
お問い合わせ
お知らせ

●長崎教区社会福祉講演会「カリタスジャパンと世界」 神学校体育館が満席に!

イメージ 全国の各教区には一人ずつカリタスジャパン教区担当者が任命されています。毎年一回、全教区の担当者が一堂に会して、カリタスジャパンの活動についての意見交換を行い、また翌年以降の四旬節キャンペーンの内容について話し合っています。
四旬節キャンペーンは、それぞれの教区で実際に行われる訳ですから、教区担当者が中心になって企画されています。カリタスジャパン委員会や援助活動推進部会、社会福祉活動推進部会、HIV/AIDSデスクにも、教区担当者会からそれぞれ3名の代表が参加して意思の疎通を図っています。
この数年、教区担当者会議開催に合わせて、各教区の社会福祉活動推進と信徒の方々にカリタスの活動を知っていただくために、各地で、講演会などを行っております。
今回は10月29日に長崎教区福祉委員会主催、カリタスジャパン後援で「社会福祉講演会」が長崎カトリック神学院体育館で開催されました。
約700人が集り、会場は満席でした。
カトリック合唱団のミニコンサート、カリタスジャパンスタッフの紹介に続き、菊地功司教(新潟教区)による講演が行われました。
菊地司教は、中央アフリカ・ルワンダにおける支援活動や国際協力の経験から、世界の現実(冨の格差、貧困、飢餓、戦争、エイズなどの諸問題)と今後取組むべき方向、また、現在カリタスジャパンが支援しているプロジェクトについてパワーポイントを使ってわかりやすく語りました。
“世界でどのようなことが起こっているのか知ろうとする努力を続けること、相手の存在を認めることの大切さ”を強調し、締めくくりました。
講演会に先立ち、長崎教区福祉委員会委員長で長崎教区カリタスジャパン担当者の下口勲師(深堀教会)が今回の開催主旨を述べましたが、まさに各社会福祉団体が結束し、相互の関わりと絆、連帯感を深め、福音宣教を社会福祉の分野で推進していくきっかけとなる集いとなりました。



 
(宗)カトリック中央協議会 カリタスジャパン
〒135-8585 東京都江東区潮見2-10-10 日本カトリック会館 tel(03)5632-4464
info@caritasu.jp(日本語)secretariat@caritas.jp(English)
Copyright (c)Caritas Japan,All Right Reserved
郵便振替番号 00170-5-95979